「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

スティックを選ぼう!

ドラムを始めるにあたってまずしなければならない事はスティックを用意することです

と前回書きました

 ↓

hajimetedrum.hatenablog.com

いやいや、買わなくても友達にもらった物があるから大丈夫、という方はもちろんそれでもOK!

いやいや、スティックをくれる友達なんていないし、ではまずは買うか!というあなたのために話を進めていきますね。 

 

スティック選び

ではどんなドラムスティックを買えばいいのか

楽器屋さんに行ってドラムコーナーに行けば所狭しと何十種類・何百種類ものスティックが置かれています。ドラム初心者にとっては、もうそこで気おくれしてしまって茫然となってしまうことでしょう。

 

それでは何を基準にスティックを選べばいいのでしょう?

 

スティック選びのチェックポイント

スティックを選ぶときのチェックポイントは大きく分けて3つあります。

1.長さ
2.太さ
3.材質

です。

もっと細かい事を考えるといろいろありますが、初めてのスティック選びとしてはこの3つに注意して選べば十分だと思います。

 

とは言っても膨大な種類の中から自分に合ったスティックを選ぶのは至難のわざでしょうから独断で私のお勧めを、というか私が普段使っているスティックをまず紹介したいと思います。

すごく一般的な長さと太さと材質のスティックなので参考になるかと思います。

 おすすめのスティック

私のおすすめのドラムスティックは2種類あります

1つ目は〈110HC

〈パール楽器〉と言うドラムメーカーのもので〈110HC〉という型番のものです。

1. 長さは398mm

2. 太さは14.5mm

3. 材質はヒッコリー

f:id:hajimetedrum:20190930120933j:plain

Pearl-110HC



 

大人の男性が使うのにはピッタリのサイズだと思います。

ヒッコリーという木の材質も一般的で柔らかくて暖かい音のする材質です。

 

2つ目は〈103HC

これも〈パール楽器〉という国産のドラムメーカーのスティックで型番〈103HC〉というスティックです。

1.長さは384mm

2.太さは14mm

3.材質はヒッコリー

f:id:hajimetedrum:20190930115755j:plain




これは先ほどの〈110HC〉に比べてほんの少し短くてほんの少し細いので、女性の方や年配の方に向いているかと思われます。

あと個人差もありますが、小学校4年生以上の子供さんにもいいと思います。

 

私はこの2種類のスティックを音楽のジャンルや場所の大きさやバンドの人数やなんかによって使い分けています。

 

大きな音が出したいときは〈110HC〉で、小さな場所で演奏する時などは〈103HC〉で、という具合です。

 

特に〈103HC〉は細くて短いけれどバランスも良く大きな音も出せてオールマイティーな私のお気に入りスティックです。

 

コストパフォーマンス

そしてチェックポイントには入れませんでしたが重要な選択基準として値段があります。

ドラムスティックも安いものから高いものまで幅広くありますが国産メーカーのものは安くて質もいいと思います。輸入物は質はいいけれど少し割高になります。そういう意味でも上記の2種類のスティックは私のおススメです。

 

初心者の方にはこの2種類のスティックの1.長さ、2太さ、3.材質、を基準にして自分のお気に入りのスティックを探す事をお勧めします。

 

子供用スティック

ちなみに3年生くらいまでの子供さん(個人差ありますが)には〈キッズ用スティック〉もありますので調べてみるといいと思います。

f:id:hajimetedrum:20190930120804j:plain

上記のスティックは  

YAMAHA - YCSJSL"

365mm x 13mm

ヒッコリー

です。

 

4年生以上の子供さんには4年生~6年生用のキッズスティックもありますが、私は先ほどおすすめしたパール楽器〈103HC〉がやはりおすすめです。

私のドラム教室の生徒さんで小学校4年生の女の子でも、パール楽器〈103HC〉を問題なく使っています。

 

ナイロンチップ

番外ですがスティックの先のところ(チップといいます)がプラスティックのものがあります。

ナイロンチップ”と言います。

f:id:hajimetedrum:20190930125423j:plain

VIC FIRTH / VIC-SGN

私の考えですが、ナイロンチップは初めて選ぶスティックとしてはやめておいた方がいいと思います。慣れてくればプラスティックのチップももちろん楽しめますが、まずは木の音を体験してみる事をお勧めします。

 

無事に自分の好みのスティックが、みつかりましたか?

好みのスティックをゲットしたら次は何をしたらいいのか。

 

次はいよいよ「練習スタジオでドラムセットを叩いてみよう!」です。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次回をどうぞお楽しみに!