「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

フロアタムFloor Tom Tom

フロアタムの調節の仕方

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

 

今回は「フロアタムの高さの調節の仕方」です。

「フロアタム」とはこれです ↓

20200603191257

フロアタム

「小タム」や「中タム」より胴体が深いですね。

そして足が3本付いています。

この足(レッグ)でフロア(床)に置いてあるので「フロアタム」といいます。

 

「フロアタム」の高さと角度を調節するにはこの3本の足に付いているネジを使います。

20200603191302

フロアタムのネジ

このネジで足の長さを調節します。

 

3本の足の長さをそれぞれに調節して、水平よりほんの少しだけ自分側の高さを低くして、ほんの少しだけ自分の方に傾けるようにします。

 

フロアタムのちょうどいい高さ

フロアタムの一番上の部分の高さが、イスに座った時の自分の腰骨の高さと同じくらいに調節します。

 

↓こんな感じです、動画で確認してください

 

 

 「フロアタム」の足をフロアタム・レッグといいます

 

フロアタム・レッグの下側にはゴムが付いています。そして下側は少し曲がっています。

20200603191307

フロアタムレッグの足先

 

3本の足のこの曲がっている方を外側にします。

このように ↓

20200603191312

フロアタム足の先(3本)

 

この方が安定します。

 

そしてネジがゆるんで落ちてこないように、しっかり閉めておきましょう。

 

「フロアタム」の高さ調節はうまくできましたか?

 

これで「フロアタム」の高さの調節は終わりです。

 

これで

1. イスの高さ調節

 

2. ベースドラムのペダルの調節

 

3. 「中タム」の高さと角度の調節

 

 

4. 「小タム」の調節

 

そして今回は「フロアタム」の高さと角度の調節でした。

 

次の記事ではハイハットシンバルとスタンドの調節の仕方をお話します。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!