「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

シンバル

シンバルとシンバルスタンドの調節

 

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。


 

今回は「シンバルとシンバルスタンドの調節の仕方」です。

 

 

シンバルとシンバルスタンド

 

これがシンバルとシンバルスタンドです

               ↓

f:id:hajimetedrum:20191101164842j:plain

シンバルとスタンド


シンバルをシンバルスタンドに取り付ける前です

            ↓

f:id:hajimetedrum:20191101163214j:plain

シンバルとスタンド


シンバルについて

↑ 上の写真の金色の丸い金属がシンバルです。

銅で出来ています。

写真のシンバルは「セイビアン」というカナダのメーカーのものです。

「セイビアン」以外にはジルジャン「パイステ」というメーカーが有名です。

 

f:id:hajimetedrum:20191101160252j:plain

4点セット

上の写真を見て下さい ↑

シンバルが4枚見えますね。

ハイハット・シンバル

下の左側にある小さなシンバルは「ハイハット・シンバル」といいます。

写真ではわかりにくいですけど「ハイハット・シンバル」は2枚が重なりあっています。

つまり1枚しかないように見えますがその下にもう1枚あって実は2枚あるのです。

 

このハイハット・シンバルについてはこちらの記事を参照してください。

hajimetedrum.hatenablog.com

hajimetedrum.hatenablog.com

hajimetedrum.hatenablog.com

ライド・シンバル

話は戻りますが

写真の下の右側にあるシンバルを「ライド・シンバル」といいます。

「トップ・シンバル」ということもあります。

 

「ライド・シンバル」はドラムセットのシンバルの中で一番大きいシンバルです。

他のシンバルより少しぶ厚く、叩いた時に他のシンバルよりあまり響かないです。

次に説明する「クラッシュ・シンバル」はアクセントを付けるために”バシャン・バシャン”とよく響く派手な音がしますが、この「ライド・シンバル」はアクセントを付けるというよりもリズムを刻む役割のためにまとまりのある固い音がします。

 

「ライド・シンバル」や「クラッシュ・シンバル」の役割についてはこちらの記事をどうぞ

 

www.takahashi-drum.com

 

 

クラッシュ・シンバル

写真の上側の左右にあるシンバルを「クラッシュ・シンバル」と言います。

「クラッシュ・シンバル」は「ライド・シンバル」よりも少し小さくて薄いです。

先ほどもお話しましたけど「クラッシュ・シンバル」は曲の中でアクセントを付けたり曲を盛り上げたりするために使われるので、よく響いてしかも長く伸びる音色をしています。

 

特に決まりはありませんが1つのドラムセットの中で

「ライド・シンバル」が1枚

「クラッシュ・シンバル」が2枚

という組合わせが多いです。

「ライド・シンバル」は利き腕の方に1枚セットして、

「クラッシュ・シンバル」は左側に1枚と右側に1枚

というのがスムーズに演奏するためにはいいのです。

 

もちろん「クラッシュ・シンバル」を3枚4枚とセットする人もたくさんいます。

 

またここでは触れませんが「スプラッシュ・シンバル」と言って

「クラッシュ・シンバル」よりも小さくて、軽いアクセントの時に使い、音の余韻が短いのが特徴のシンバルもあります。

f:id:hajimetedrum:20191012142752j:plain

スプラッシュ・シンバル

また「チャイナ・シンバル」というふちがそり上がった大きな音の出るシンバルもあります。

f:id:hajimetedrum:20191012142854j:plain

チャイナ・シンバル

その他のいろいろなシンバルについては後日の記事で紹介していきますので

お楽しみに!

 

シンバルとシンバルスタンドの調節の仕方

f:id:hajimetedrum:20191101165618j:plain

シンバル・スタンド


上の写真を見て下さい ↑

「シンバル・スタンド」です。

A 〜 E の各ネジでスタンドのそれぞれの調節をします。

順番に説明していきますね。

 

1.  Aの部分

スタンドの1番上のフェルトが付いている部分です。

f:id:hajimetedrum:20191012145539j:plain

スタンドの先・フェルトの部分

この部分にシンバルをセットします。

 

シンバルをセットした時の写真です

↓ 上からみたところ

f:id:hajimetedrum:20191101161808j:plain

セットしたシンバルを上から見たところ


↓ 下から見たところ

f:id:hajimetedrum:20191012150338j:plain

セットしたシンバルを下から見たところ

写真ではわかりにくいですが、スタンドの1番先にある黒いプラスチックはネジになっています。

シンバルの中心に空いている穴にシンバルスタンドの先端の心棒を差し込みます。

その時シンバルの上下にフェルトを挟みます。

シンバルとスタンドの金属が触れ合ってカチャカチャと雑音がしないようにです。

そして先ほど説明しました先端の黒いプラスチックのネジをしめます。

これでスタンドにシンバルが装着されました。

 

2.  Bの部分

上の「セットしたシンバルを下から見たところ」の写真を見て下さい。

シンバルの下にネジが見えますでしょうか?

これがBの部分です。

このネジでシンバルの角度を調節します。

 

3.  Cの部分

ここでスタンドの「アーム」の角度を調節します。

シンバルの角度は先ほどの「B」のネジと、この「C」のネジをうまくバランスをとって調節します。

f:id:hajimetedrum:20191012152711j:plain

アームの角度を調節するネジ

 

4.  Dの部分

f:id:hajimetedrum:20191012152214j:plain

シンバル・スタンドの高さ調節のネジ

スタンドの真ん中あたりにネジが2つ見えます。

この2つのネジでシンバルの高さを調節します。

 

5.  Eの部分

このネジでシンバル・スタンドの3本の足の開き具合の調節をします。

f:id:hajimetedrum:20191101164319j:plain

スタンドの足


シンバルは強く叩くとかなりの振動があります。

スタンドの足の開き具合が狭いとシンバルを強く叩いた時に倒れてしまいます。

また開き具合が広すぎると他のスタンドの足やベースドラムにぶつかってうまくセットができません。

 

上の写真の開き具合がちょうどいいと思いますので、参考にしてください。

 

以上でシンバルの高さと角度の調節の仕方の説明を終わります。

全体のセットのバランスはこの写真を参考にしてください

f:id:hajimetedrum:20191101160252j:plain

ドラムセット(4点セット)


今回は「初めてのドラム」ということで、簡単に説明してみました。

もっと詳しいシンバルとシンバル・スタンドの説明は後日の記事でお話しますのでお楽しみに!

 

これで

1、イスの高さ調節

hajimetedrum.hatenablog.com

hajimetedrum.hatenablog.com 

2、ベースドラムのペダルの調節

hajimetedrum.hatenablog.com

3、「中タム」の高さと角度の調節

hajimetedrum.hatenablog.com

4、「小タム」の高さと角度の調節

hajimetedrum.hatenablog.com 

5.「フロアタム」の高さと角度の調節

hajimetedrum.hatenablog.com

6. 「ハイハットシンバルとスタンド」

hajimetedrum.hatenablog.com

7.   「ハイハットシンバルの開き具合」

hajimetedrum.hatenablog.com

8.    「ハイハットシンバルの高さ」

 

hajimetedrum.hatenablog.co

9.   「ハイハットシンバルのペダルのテンション調節の仕方」

hajimetedrum.hatenablog.com

 

10.  「スネアドラムの調節」

hajimetedrum.hatenablog.com 

11.「スネアドラムのスタンド」

 

hajimetedrum.hatenablog.com

とお話ししてきました。

 

そして今回は「シンバルとシンバル・スタンド」についてでした。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

次回をどうぞお楽しみに!