「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

6連符と3連符の練習

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しいろんなリズムも知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして今回は「6連符と3連符の練習」を紹介します。

 

 

6連符とは

まず6連符とは何かについてお話します。

 

1拍の長さを細分化します。

 

① 1拍を1つの音符で表すと4分音符になります

20200412104125

4分音符

 

② 1拍を2分割すると8分音符が2個になります

20200412104231

8分音符

 

③ 1拍を3分割した音符を3連符といい、8分音符が3個になります

でもただ8分音符を3個書いただけでは2分割した時の8分音符と紛らわしいので、3つの8分音符を1つにくくって、その上か下に数字の「3」を書きます。

3連符についてはこちらの記事も参考にどうぞ→3連符と3連符のアクセント

20200412104401

3連音符

 

④ 1拍を4分割すると16分音符が4個になります

20200412104318

16分音符

 

 ⑤ そして、1拍を6分割した音符を6連符といいます。16分音符が6個です。

でもただ16分音符を6個書いただけでは4分割した時の16分音符と紛らわしいので、6つの16分音符を1つにくくって、その上か下に数字の「3」を書きます。

20200420160552

 6連音符

 

3連符6連符はあまり馴染みのない音符かもしれません。

この機会に3連符6連符の感覚をしっかり身につけておきましょう。

 

3連符系の6連符と8分音符系の6連符

6連符には解釈の違いから次のように2種類に分けられます。

 

1. 3連符を基調とした6連符

1拍を3分割すると8分音符3つに分けた3連符が出来ますが、その3つの8分音符それぞれを2分割したと解釈される6連符。

20200420173252

 

2. 8分音符を基調とした6連符

1拍を2分割すると8分音符2つに分けられますが、その2つの8分音符それぞれを3等分したと解釈される6連符。

20200420173256

 

上記の2つの6連符は全く同じ6連符ですが解釈が違うので使われ方が違います。

さまざまに例外はありますが、上記1番の3連符系の6連符はどちらかといえばロッカバラードブルースシャッフルジャズなどの3連符を基調としたリズムに使われることが多いです。

一方、上記2番の8分音符系の6連符は8ビート16ビートなどのハネないリズムを基調とした音楽で使われることが多いです。

 

そして今回は上記1番の3連符系の6連符を紹介します。

 

6連符と3連符の6つの基本形

今回は6連符の基本形を6つを紹介します。

 

*楽譜の記号はR=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)です。

 

1. 基本形1

まずは基本中の基本形です。

20200420155305

基本形1の楽譜

1拍の中にぎっしりと6つの16分音符を詰め込みました。

手順は右手から始まって交互になっていますが、実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

タカタカタカ/タカタカタカ/タカタカタカ/タカタカタカと歌いながら練習しましょう。

拍のアタマがわからなくならないように気を付けて。

そして、必ずメトロノームを使って練習しましょう。

 

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形1の動画

 

2. 基本形2

2つ目の基本形は、3連符3個のうちの1つ目の8分音符を16分音符2つに分割した形です。

20200420155309

基本形2の楽譜

手順は参考です。実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

カタンタン/タカタンタン/タカタンタン/タカタンタン/と歌いながら練習しましょう。

必ずメトロノームを使って練習するように。

 

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形2の動画

 

3. 基本形3

3つ目の基本形は、3連符3個のうちの2つ目の8分音符を16分音符2つに分割した形です。 

 

20200420155315

基本形3の楽譜

手順は参考です。実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

タンタカタン/タンタカタン/タンタカタン/タンタカタンと歌いながら練習しましょう。

そして、必ずメトロノームを使って練習するようにしましょう。

 

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形3の動画

 

4. 基本形4

4つ目の基本形は、3連符3個のうちの3つ目の8分音符を16分音符2つに分割した形です。 

 

20200420155319

基本形4の楽譜

手順は参考です。実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

タンタンタカ/タンタンタカ/タンタンタカ/タンタンタカと歌いながら練習しましょう。

そして、必ずメトロノームを使って練習するようにしましょう。

 

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形4の動画

 

5. 基本形5

5つ目の基本形は、3連符3個のうちの1つ目と2つ目の2つの8分音符のそれぞれを、16分音符2つづつに分割した形です。

 

20200420155541

基本形5の楽譜

手順は参考です。実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

タカタカタン/タカタカタン/タカタカタン/タカタカタンと歌いながら練習しましょう。

拍のアタマがわからなくならないように気を付けて。

必ずメトロノームを使って練習するようにしましょう。

  

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形5の動画

 

6. 基本形6

5つ目の基本形は、3連符3個のうちの2つ目と3つ目の2つの8分音符のそれぞれを、16分音符2つづつに分割した形です。 

 

 

20200420155550

基本形6の楽譜

手順は参考です。実戦では前後の関係でさまざまに変わってきます。

タンタカタカ/タンタカタカ/タンタカタカ/タンタカタカと歌いながら練習しましょう。

拍のアタマがわからなくならないように気を付けて。

必ずメトロノームを使って練習するようにしましょう。

 

動画にもしてみましたのでこちらを参考にどうぞ

基本形6の動画

 

まとめ

今回の「6連符と3連符の練習」はいかがでしたか?

6連符・3連符はこの先中級者や上級者になるにつれたびたび出てくるテクニックです。

今のうちから少しずつ6連符・3連符に慣れておくことが上達への近道です。

 

本文にも書きましたが、リズムを口で言いながら練習することをお勧めします。

そして必ずメトロノームを使って練習するようにしましょう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。