「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

ダブルストローク(2つ打ち)

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しいろんなリズムやフレーズを知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして今回は「ダブルストローク」について解説します。

ダブルストロークとは

 

ダブルストローク(Double Stroke)は日本語で2つ打ちといいます。

ストローク(Stroke)は動作という意味です。

 

つまり「 右・右」とか「 左・左」とか同じ手で続けて2回叩く(ストロークする)

奏法のことです。

 

このダブルストローク、やってみるとけっこう難しいのです。

ダブルストロークがしっかり出来るようになることが初級者から中級者へとステップアップするための重要なテクニックといえるかもしれません。

これを機にダブルストロークをしっかりマスターしておくことをお勧めします。

 

またダブルストロークはパラディドルやドラッグといった高度なテクニックを身につけるためにも必要になってきますし、ショートロールやロングロールなどの習得にも大変重要な鍵にもなってきます。

 

4種類のストローク

 

以前の記事で4種類のストロークを紹介しました。

こちらです→シングルストロークのフォームと4種類のストローク

 

簡単に説明すると4種類のストロークとは

 

1. ダウンストローク

高い位置から叩いて低い位置で止める奏法

 

2. アップストローク

低い位置から叩いて高い位置で止める奏法

 

3. タップストローク

低い位置から叩いて低い位置で止める奏法

 

4. フルストローク

高い位置から叩いて高い位置で止める奏法。

 

の4つです。

 

詳しくはぜひこちらを→シングルストロークのフォームと4種類のストローク

 

 

タップストロークとアップストローク

 

先ほども書きましたが2つ打ちとは「右手・右手」とか「左手・左手」と同じ手で続けて2回叩くテクニックです。

 

教える人によってさまざまな方法がありますが、私のやり方はこうです。

 

つまり、1打目をタップ・ストローク、そして2打目は手首を返しながらアップ・ストロークをします。


普通に片手で続けて2回叩くと、どうしても2打目が弱くなります。

なので、練習の時には2打目のアップ・ストロークにアクセントを付けるようにします。

そうすることで1打目と2打目の均等な音量のストロークが出来るように
なります。

ダブルストロール・ロール

 

ダブルストロークを続けてプレイすることをダブルストローク・ロールといいます。

 

楽譜にするとこうなります。

20200507201513

R = 右手(Right Hand)

L = 左手(Left Hand)

T = タップ・ストローク(Tap Stroke)

U = アップ・ストローク(Up Stroke)

> = アクセント(この音を大きく演奏する)

 

右手・右手・左手・左手・右手・右手・左手・左手・・・・・

と続けてプレイします。

 

先ほども書きましたが、続けて同じ手で2回叩くときの1打目をタップ・ストローク(T)で叩きます。

そして2打目は手首を返しながらアクセントをつけてアップ・ストローク(U)で叩きます。

 

1打目はタップ・ストローク(T)ですから低い位置から叩いて低い位置で止めます。

そして2打目はアップ・ストローク(U)です。低いままの位置から叩いて高い位置で止めます。

 

この2打目のアップ・ストローク(U)の時に手首を返しながら(スナップを効かせながら)アクセントをつけるのがコツです。

 

低い位置から1回叩き、そして2回目を叩きながらアップストロークをします。

腕を1回だけ降ろして上げるという1回の動作で2つの音を出すというのがダブルストロークの1番の特徴といえます。

 

そして普通に片手で続けて2回叩くと、どうしても2打目が弱くなりますので、練習の時には特に気をつけて2打目のアップ・ストロークにアクセントを付けるようにします。

そうすることで早いテンポの時でも1打目と2打目の均等な音量のストロークが出来るようになります。

 

動画

動画にしましたので参考にしてください。

マッチドグリップとレギュラーグリップと両方でプレイしてみました。

マッチドグリップでの動画
 
レギュラーグリップでの動画
 

まとめ

ダブルストロークについての話はいかがでしたか?

 

ダブルストロークは実戦でもさまざまな場面で使える万能のテクニックです。

ぜひマスターしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

 

最後ま読んでいただきありがとうございました。