「初めてのドラム」ドラム上達をお手伝いいたします!

初心者でもすぐに使えるパターンやフレーズの練習方法をご紹介しています

5ストローク・ロール(Five Stroke Roll)と7ストローク・ロール(Seven Stroke Roll)/基本編

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しいろんな技やフレーズも知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして今回と次回の2回に分けて「5ストローク・ロール(Five Stroke Roll)」と「7ストローク・ロール(Seven Stroke Roll)」という奏法を紹介したいと思います。

5ストローク・ロール(Five Stroke Roll)とは

「5ストローク・ロール (Five Stroke Roll)」とは日本語でいえば「5つ打ち」です。

つまり、5つの音をひとかたまりとしたロールのことです。

20200522165559

 

ロール(Roll)とは音を続けて叩くことです。

この場合は5つの音を続けて叩くということですね。

 

手順は右・右・左・左・右 または左・左・右・右・左です。

 

アクセント

そして基本は5つ目の音にアクセントを付けます。

アクセントとはその音だけを大きい音で演奏するということです。

ドラムでいえばその音だけを強く叩くことともいえますね。

アクセントのための4種類のストローク

 5ストローク・ロールやさまざまな奏法で、アクセントをつける時に必要な4種類のストロークというのがあります。

  1. ダウンストローク
  2. アップストローク
  3. タップストローク
  4. フルストローク

スムーズでムダのない演奏をするためにぜひマスターしておいて欲しい奏法です。

今回は詳しく触れませんがこの記事をぜひ参考にしてみてください。

シングルストロークのフォームと4種類のストローク

アクセントでステップアップ

 

5ストローク・ロール手順

5ストローク・ロールについて

  1. 右手から始める手順
  2. 左手から始める手順
  3. 左右交互の手から始める手順

の3つのやり方を紹介します。

 

1. 右手から始める5ストローク・ロール

20200522165606

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 右手・右手・左手・左手・右手という手順の繰り返しになります。

そして5打目10打目の右手にアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

2. 左手から始める5ストローク・ロール

20200522165610

 R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 左手・左手・右手・右手・左手の繰り返しという手順になります。

そして5打目10打目の左手にアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

 

3. 左右交互の手から始める5ストローク・ロール

20200522165614

  R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 右手・右手・左手・左手・右手 / 左手・左手・右手・右手・左手という手順になります。

そして5打目の右手と10打目に左手でアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

 

次に7ストローク・ロール(Seven Stroke Roll)という奏法を紹介します。

 

7ストローク・ロール(Seven Stroke Roll)とは

 

「7ストローク・ロール (Seven Stroke Roll)」とは日本語でいえば「7つ打ち」です。

つまり、7つの音をひとかたまりとしたロールのことです。

 

20200522165603

 

ロール(Roll)とは音を続けて叩くことです。

この場合は7つの音を続けて叩くということですね。

 

手順は右・右・左・左・右・右・左 または左・左・右・右・左・左・右です。

 

7ストローク・ロールでは、右手から始めると7打目は左手です。または左手から始めると7打目は右手、となります。つまり、1打目と7打目が左右逆の手になります。

 

アクセント

そして基本は7つ目の音にアクセントを付けます。

 

アクセントとはその音だけを大きい音で演奏するということです。

ドラムでいえばその音だけを強く叩くことともいえますね。

 

アクセントのための4種類のストローク

5ストローク・ロールのところでも説明しましたが、アクセントをつける時に必要な4種類のストロークというのがあります。

7ストローク・ロールでもこの4種類のストロークを使ってアクセントをつけるとスムーズでムダのない演奏をすることができます。

  1. ダウンストローク
  2. アップストローク
  3. タップストローク
  4. フルストローク

この4種類のストロークはぜひマスターしておいて欲しい奏法です。

今回は詳しく触れませんがこの記事をぜひ参考にしてみてください。

シングルストロークのフォームと4種類のストローク

アクセントでステップアップ

 

7ストローク・ロール手順

7ストローク・ロール奏法について

  1. 右手から始める手順
  2. 左手から始める手順
  3. 左右交互の手から始める手順

の3つのやり方を紹介します。

 

1. 右手から始める7ストローク・ロール

20200522165618

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 右手・右手・左手・左手・右手・右手・左手という手順の繰り返しになります。

そして7打目14打目の左手にアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

 

2 左手から始める7ストローク・ロール

20200522165622

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 左手・左手・右手・右手・左手・左手・右手という手順の繰り返しになります。

そして7打目14打目の右手にアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

 

3.左右交互の手から始める7ストローク・ロール

20200522165627

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)、=アクセント

 

 右手・右手・左手・左手・右手・右手・左手 / 左手・左手・右手・右手・左手・左手・右手という手順の繰り返しになります。

そして7打目の左手にアクセント、14打目の右手にアクセントをつけます。

 

楽譜だけではわかりにくいと思いますので、動画で確認してください

 

まとめ

5ストローク・ロールと7ストローク・ロールはいかがでしたか?

 

今回は紹介しませんでしたが、ドラムの技法には5ストローク・ロールと7ストローク・ロール以外にも9ストローク・ロール、11ストローク・ロール、13ストローク・ロール・・・etcといろいろなロールテクニックがあります。ぜひチャレンジしてみてください。

 

5ストローク・ロールと7ストローク・ロール、そしていろいろなロール技法をマスターしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。